2015年01月21日

ガラス扉の修繕A

根岸です。
 
前回の続きです。

 ガラス扉の交換、まずは古い扉の撤去からスタートです。
  
 留め金をゆるめ、上枠の中へ伸びている軸棒を抜きます。

 CIMG2506.jpg
 
 外した扉は背負って移動です。
CIMG2508.jpg
 扉1枚あたり60kg以上あるため両手のみで抱えるのはとても大変です。
 ところが上のように背負う(通称"亀さん")ことで、一人で移動させることが
 可能になります。人間の脊椎はなんて頑強なんでしょう!!
※なお、訓練を受けた職人が行っているので、一般の方は決して真似をしないでください※
 
 

無事、扉を外すことができました。
 CIMG2511.jpg

CIMG2510.jpg

 今回の工事では扉だけでなくフロアヒンジ(当ブログ2014年8月27日投稿分をご覧ください)も交換します。
 扉を安全・快適に使うために不可欠のフロアヒンジも
 劣化してこのようになってしまいます。
 CIMG2519.jpg
 
 

 次回はこのフロアヒンジの交換作業についてお伝えします。

 
 重たい扉もなんのその!!
 ガラス・スチール・ステンレス製の扉は多摩ケンソー工業にお任せあれ!
 042-527-5211 お電話ください!

 
 2015.1.21

posted by 多摩ケンソー at 21:56 | Comment(0) | 工事(ガラス扉)

2015年01月19日

ガラス扉の修繕@

こんにちは、営業の根岸です。


 本日はガラス扉修繕の工事に立ち会ってきました。
 
 下の写真のような扉です。皆様も街中でよくご覧になると思います。
 CIMG2588.jpg
 
 左側の扉を交換し、フロアヒンジ(当ブログ2014年8月27日投稿分をご覧ください)を左右とも
 交換しました。

 こちらの現場では、ガラス扉の下についているステンレス製の枠(=巾木or下かまちと呼ばれます)
 が写真のように腐食し、膨らんでしまっている状態でした。

 CIMG2503.jpg
 
 このようになってしまった場合は、扉を丸ごと新しいものに取り換えるのが
 一般的です。

 ガラス扉に限らず、外に面する金属製の扉の場合、長年の使用と雨風の影響により
 竣工後10年〜15年程度で部品の摩耗や錆、腐食といった劣化が見え始めます。
   
 今後数回のブログの中で、上記の工事を詳しくご紹介いたします。

 

 ガラス扉のことなら多摩ケンソー工業
 042-527-5211 へ是非お電話ください。 
 関東一円、どこでも飛んでいきます!!! 



 2015.1.19
 
posted by 多摩ケンソー at 20:58 | Comment(0) | 工事(ガラス扉)

2015年01月13日

現場からの風景

こんにちは。根岸です。


 本日は工事の立会いに行ってきました。

 立川市にある官公庁のビル物件で、10階建ての建物の改修工事です。

 作業場所は最上階の10階です。

 
 晴れていたため、遠くに富士山をはっきりと望むことができました。

 CIMG2462.JPG

 富士山のクローズショット! 
 CIMG2463.JPG

 去年完成したIKEA立川店と富士山の2ショット!!

 CIMG2470.JPG

 今後は現場で弊社がどのような工事をしているのかご説明いたします。

 サッシ工事なら多摩ケンソー工業鰍ワで
 042-527-5211 お電話お待ちしております。


2015.1.13
posted by 多摩ケンソー at 19:19 | Comment(0) | 徒然