2017年09月26日

ドアクローザーは錆びる

お世話になっております。
営業の根岸です。

先日の「エコなカーポート」の記事に
お客様がコメントを入れてくださいました。
記事を見ていただけたことはもちろんうれしいですが、
覚えていてくださりわざわざアクセスしていただいた
その心意気が途方もなくうれしいです!


ドアクローザー交換の現場調査に行ってきました。
KIMG0476.JPG
ところで、おなじみのドアクローザーはドアに無くてはならないもの。
どんなドアにも見かける、安全の「かなめ」です。

KIMG0506.JPG
このドアクローザーは壊れて役目を果たさなくなっていました。
屋外で使われているドアクローザーでした。
ドアクローザーは油圧で動きます。水に弱いです。雨にさらされる状態だと
劣化が早いです。

危険性が低いと判断できれば、
屋外にドアクローザーはいっそのこと無くてもいいかもしれませんよ!なんちゃって!!!!

ドアクローザーの交換、
多摩ケンソーの社員は得意ですよ!
お電話お待ちしています!!
042-527-5211 まで。

2017.9.26
posted by 多摩ケンソー at 22:19 | Comment(0) | 日記

2015年02月02日

ガラス扉の修繕B

やはり根岸です。

前回の続きです。

フロアヒンジは扉の下のところに埋まっていて
扉の開閉スピードをコントロールしている重要な部品です。

FH1_マンション理事会様向け.jpg

多くの場合、屋外にあって雨にさらされているフロアヒンジは
ドア廻りでも最も傷みやすい部品です。

FH2_マンション理事会様向け.jpg

FH3_マンション理事会様向け.jpg
見た目かなりショッキングですね。

今回は本体を納める「箱」も相当傷んでいました。
フロアヒンジ本体は箱の中でボルト固定されているので
箱の劣化が進んでいる場合は、箱の周囲のコンクリートを削り
箱ごと交換します。

削る範囲より外側を養生(=保護)し、
FH4_マンション管理組合様向け.jpg

カッターを入れていきます。
FH5_マンション管理組合様向け.jpg

"工事現場でよく見る電動工具(=ハツリ機)"で下へと掘っていきます。
FH6_マンション管理組合様向け.jpg

この箱がなかなか取れない!!
FH7_マンション管理組合様向け.jpg

30分程度削り続けやっと取れました。
FH8_マンション管理組合様向け.jpg

新しい箱が入るための穴の準備が整いました。
FH8_マンション管理組様向け.jpg

新しいフロアヒンジが埋めてもらうのを待っています。
FH9_マンション管理組合様向け.jpg

ちょっと長くなってしまったので
今回はこの辺で終わります。

次はもっと簡潔にお伝えできるよう
頑張ります。。。

ともあれ、
フロアヒンジの交換は多摩ケンソー工業
までご相談ください。
全てのケースで今回のような削り作業が必要なわけでは
ありませんので、まずは一度お電話ください。
042-527-5211
お電話お待ちしております!

2015.2.2

posted by 多摩ケンソー at 23:32 | Comment(0) | 日記